アルコール依存症専門病院、精神科|大阪府高槻市 新阿武山病院

外来受付
新阿武山クリニック
認知症疾患医療センター
採用情報
お問い合わせ
家族教室
家族教室
家族教室
家族教室
きづな会
お問い合わせ

"患者さんから学ぶ姿勢を忘れずに一緒に歩む"をモット−にしています。
じっくりゆっくり時間をかけながら、患者さんの病気を癒すだけでなく、人を癒すことができる看護師を育成します。

看護部の理念

一、患者さんおよびご家族の立場に立ち、個々の患者さんのニーズに応じた看護を提供します。

一、専門職として常に看護の本質を追及し、主体性のある看護ができるように、自らの能力を高める努力をします。

一、医師および他部門との連携を密にし、チーム医療の一員としての役割を認識し、患者さんの社会復帰を目指します。

一、安全でより質の高い看護が提供できる専門職としての看護者を育成し、看護の発展に努めます。

看護部門の紹介

当院に入職される看護師さんたちは、精神科看護をしたいという動機をもってやってこられます。今、精神科では新規抗精神病薬や心理教育などの導入で、精神医療が大きく変貌をとげています。それに伴って、患者さんの生活の質も変化しています。
このような中で、私たち看護師は急性期から地域までを視野に入れた看護を展開しています。精神科看護は患者さんから学ぶことが多く、看護を通し常に自分を振り返ることができます。処置に追われることもなく、患者さんとのかかわりがもてる時間があるのも精神科看護の魅力の一つです。
私たち看護部は、"患者さんから学ぶ姿勢を忘れずに一緒に歩む"をモットーにしています。看護の基本であるコミュニケーション"観る、聴く、話す、触れる"をより専門的に学べ、質の高いコミュニケーン技術が身につきます。精神科は、看護の本質を常に追及し、看護とはなんだろうと言うことを考える最適な診療科でもあります。
わたし達は患者さんの生活背景をしり、患者さんに地域で生活を送っていただくことを目標に看護に当っています。
患者さんの病気を癒す看護だけでなく、人を癒すことができる看護を目指しており、精神科看護から精神看護へと繋げていけるように取り組んでいます。

教育・研究制度

卒後教育3年、精神科経年別教育3年を分けており、新卒者や中途採用者で精神科が初めての方でも対処できるように、目的に応じた教育研修を行っていおります。
また、能力開発システムの導入により、個々の能力を評価表に沿って入職より5年間フォローし、着実に一人ひとりのレベルアップを図っています。
院内研修については、集合研修(全体研修と看護研修)を年間計画に基づき実施しています。
また、それ以外各部署で月に一回勉強会やケースカンファレンスを行っており。院内留学も実施し、学習や研修についての充実を図っています。
そのほかにも、法人全体で一日かけて開催する院内研究発表会や、看護部だけの看護研究発表会を開催しており、外部の学会等でも積極的に発表しています。

シスター制度

当院では新人教育にシスター制度を導入しています。
シスター制度とは、入職してきた新人に対しお姉さん的存在として先輩スタッフが1年間専属で付き、公私共にフォローしてくれる制度です。
教育・指導といった部分はプリセプター制度とさほど変わらないのですが、全体を捉えたときにシスターは指導者ではなく、お姉さんとしての関係を構築させるものです。
また、マイシスター・マイプリセプティの関係にとどまらず、同じ部署のシスター間の垣根を越えたかかわりや、部署の垣根を越えたシスターのかかわりもあります。
シスター以外に教育委員もフォローするので入職間もない新人には心強い安心システムです。そのため、職場環境もアットフォームな感じになっています。